Revive Adserverで広告を配信する(副業でサイト運営をする人向け)

前回はRevive Adserverに配信する広告の登録を行いました。今回は副業で運営するWEBサイトで実際に広告を配信していきます。

前回からかなり時間が空いてしまい申し訳ありませんでした。
副業でサイト運営を始めたい人の為にすぐにサイト運営を始める為のパッケージを作っていましたが目処が付いたので後日公開します。

1.呼び出しタグの導入

広告を呼び出す為の呼び出しタグを導入します。

Revive Adserverに広告を登録する(副業でサイト運営をする人向け)

「Revive Adserverに広告を登録する」で解説しましたが、PCとSPで広告を分けて登録しておいた方がレポートを分けて管理出来るだけでなく、後からSP向けに期間保証広告(純広告)の入稿があった時などに管理が効率的なのでPCとSPでWEBサイトを分けて登録しました。

インベントリ → WEBサイト → 登録したWEBサイト → 広告表示コードの生成

同一ページにバナーを再表示しない
同一ページに同一キャンペーンを再表示しない

「はい」にしておくと同一ページ内に同じバナー、キャンペーンが表示されなくなりますが、かなりの種類の広告、キャンペーンがあれば効果的ですが広告が少ない場合は表示される広告自体がなくなってしまう場合がありますので「いいえ」にすることをおすすめします。

ターゲットフレーム
「New Window」を選択すると「target=”_blank”」が設定されますが、Google Adsenseやアドネットワークの広告の場合は、JavaScriptのタグになるので、広告タグの仕様に依存するので、Defaultのまま変更しなくても問題ありません。

Option – noscript
訪問者がJavaScriptをオフにしていた場合でもレポート取得用のaタグとレポート取得用のimgタグが表示されるようになりますが、そもそもGoogle Adsenseやアドネットワーク広告の広告タグ自体がJavaScriptで出来ているので、JavaScriptがオフの場合は広告タグ自体が動作しないので、生成されるタグも無駄に長くなるのでnoscriptのオプションは「いいえ」にしておくことをおすすめします。

Option – SSL
「はい」にすると生成される呼び出しタグがhttpsになります。常時SSLにしている場合はかならず「はい」を選択します。

コメントを含める
ゾーン名などが生成されるタグに付与されますが、生成されるタグが無駄に長くなるので「いいえ」にしておくことをおすすめします。

広告表示コードの生成のオプションをそれぞれ指定したら画面一番下の「生成する」ボタンを押します。

生成された広告タグの「1 Header script」が広告呼び出しタグになります。
これを広告を表示したい全てのページの<head></head>の中にコピペします。

多くの場合はCMSを使っていると思いますので、CMSのテンプレートページなどに導入することになりますが、PCとSPでWEBサイトを分けて登録したので、WordPressの場合は以下の例のようにPC用とSP用の呼び出しタグをそれぞれ呼び出せるようにします。

<?php if (! wp_is_mobile() ) : ?>
<script type='text/javascript' src='https://atfukugyou.jp/ads/www/delivery/spcjs.php?id=1'></script>
<?php else:?>
<script type='text/javascript' src='https://atfukugyou.jp/ads/www/delivery/spcjs.php?id=2'></script>
<?php endif; ?>

2.掲載ゾーンタグの導入

次に「2」以降のWEBサイトに紐付いているゾーン(掲載箇所)のタグを広告を掲載したい場所にコピペします。

WordPressの場合はウィジェットに「カスタムHTML」として登録するか、投稿の際にHTMLでコピペします。

3.キャッシュの削除

Revive Adserverでは広告の配信にキャッシュが使用されます。
作成されたキャッシュはメンテナンススクリプトにより自動で更新されますが、広告の編集などを実施した後にすぐ確認したい場合などは手動でキャッシュを削除すればすぐに反映させることが出来ます。

rm -rf /home/サーバーID/ドメイン名/public_html/adserver/var/cache/*
rm -rf /home/サーバーID/ドメイン名/public_html/adserver/var/templates_compiled/*
次回予告
次回は広告収入を最大化する為の表示率(露出)の調整方法を解説します。
アフィリエイトサービスプロバイダでシステムエンジニア、制作ディレクターとして働く傍ら、PHPの勉強がてら副業として0からメル友募集掲示板「@メル友」を開設、副業ではとても運営できない規模になった為に独立、国内最大のメル友募集掲示板に育て上げ、最大で月間500万円を売り上げ、2018年末に数千万円規模で売却。
@副業では10年間で溜めたサイト運営や副業の稼ぎ方のノウハウを隠すことなく全て公開しています。

副業で掲示板サイト運営

お小遣い程度にしかならないポイントサイトやアンケートサイトで本当に満足していますか?

プログラムやデザインの知識ゼロでも、副業で収益性が高い掲示板サイト運営を始められます。

月500万円を売り上げ、数千万円規模で売却を果たした国内最大のメル友募集掲示板「@メル友」と同じ掲示板システムを使って儲かる掲示板サイト運営を始めるられます。